【米国株】高配当ETF「SPYD」を徹底分析!

投資初心者から上級者まで、
幅広い層に人気の運用商品「ETF」をご存知ですか?

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で「上場投資信託」のことです。

ETFは投資信託ですが、取引所に上場しているため、株式と同様に取引することができます。

また国内だけでなく、さまざまな国を対象とし、それぞれの株価指標に連動するよう設計されています。

ETFは手軽に分散投資ができ、安定した運用が行えるため、投資初心者でもはじめやすい商品です。

近年は米国ETFが非常に人気ですね。

日本株に比べ、成長率や還元率も高く、経費率の低さが魅力です。

今回は数ある米国ETFの中でも、高配当株式ETFとして、注目を集める「SPYD」について分析していきます。

配当利回りを重視する方は、参考にしてみてください。

忙しい人のためのYouTube

SPYDとはどんなETF?

SPYD(SPDR ポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF)は、S&P500の構成銘柄のうち、高配当な上位80銘柄をあつめたETFです。

運用会社は、米State Street(ステートストリート)社です。

ブラックロック、バンガードに次ぎ、世界第3位の運用会社です。

SPYDの基本情報
株価:27.9$(2020年7月5日)
配当利回り:4.36%
配当月:3,6,9,12月
純資産額:19.6億円(2020年2月末)
設定日:2015年10月21日

80銘柄の組入比率は、ほぼ均等で、1銘柄あたり1.25%になるよう配分されています。

年に2回(1月と7月)のリバランスの際に、
利回りが低くなった銘柄を入れ替えたり、
銘柄の組入比率が均等になるよう調整します。

構成銘柄やセクター比率も、
このリバランスで都度変化します。

他のETFのように、
時価総額に応じた比率ではありません。

以下2020年3月の上位構成銘柄です。(State Street HPより引用)

Name

Ticker

Weight

Sector

Gilead Sciences Inc.

GILD

1.74

ヘルスケア

L Brands Inc.

LB

1.62

一般消費財

Crown Castle International Corp

CCI

1.56

不動産

AbbVie Inc.

ABBV

1.56

ヘルスケア

Dominion Energy Inc

D

1.50

公益事業

Duke Energy Corporation

DUK

1.49

公益事業

General Mills Inc.

GIS

1.47

生活必需品

Philip Morris International Inc.

PM

1.47

生活必需品

Iron Mountain Inc.

IRM

1.46

不動産

Digital Realty Trust Inc.

DLR

1.46

不動産

 

1位のGilead Sciences Inc.(ギリアド・サイエンシズ)は、
バイオ医薬品企業で2020年の1月に組入れられました。

2位のL Brands Inc.(Lブランズ)は、
アパレルや美容製品を販売する小売業です。

3位のCrown Castle International Corp(クラウン・キャッスル・インターナショナル)は、米国の無線通信タワーのREITです。

いずれも3%後半から5%を超える高配当銘柄となります。

 

SPYDの魅力

配当利回りの高さ

SPYDの配当利回りは、高配当株式ETFの中でも最高水準です。

SPYDと同様の、高配当株式の代表的なETFとして、HDVとVYMがあります。

よくSPYDと比較されることが多いですね。

2つを簡単に説明すると、

HDV(iシェアーズ コア米国高配当株 ETF)
・ブラックロック社が運営
・モーニングスター配当フォーカス指数に連動
・75銘柄で構成

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)
・バンガード社が運営
・FTSEハイディベデンド・イールドインデックス指数に連動
・399銘柄

SPYDの配当利回りは4.36%

HDVやVYMよりも高い水準です。

 

上記グラフは、SPYDとHDVの2016年3月~2020年3月までの配当利回りです。

 

引用: ETFreplay.com「ETF Dividend Yield」より

上記グラフはSPYDとVYMの2016年3月~2020年3月までの配当利回りです。

SPYDの配当利回りは他2つを大きく上回っていますね。

現在コロナショックで株価が下落し、利回りが上昇していますが、これまでも3~5%の高い水準でした。

株価暴落時でも、この配当金が精神安定剤になりますね。

SPYDの配当金の推移は、以下のようになっています。

SPYDが設定されたのが2015年10月のため、まだデータが少なく、参考にするには十分とはいえませんが‥

連続増配というわけではありませんが、安定した推移になっています。

経費率が低い(低コスト)

ETFのコストには、売買コストと保有コストの2種類があります。

売買コストは、その名の通り株式と同様に、売買委託手数料のことですね。

保有コストは、主に信託報酬のことで、ファンドにかかる総費用のことです。

経費率は保有コストで、1年にかかる費用が、純資産額総額に対してどれくらいなのかの割合になります。

いくら高配当でも、経費率が高ければ、意味がありません。

ETFを選ぶ際経費率の低さは、非常に重要視される数値です。

SPYDの経費率は0.07%
高配当株式ETFの中で最も低コストです。

この経費率の低さは、
純資産額の多さに関連しています。

スケールメリットになりますが、
経費率は純資産額が多いほど抑えることができるのです。

SPYDはからまだ4年と短い期間ですが、
20億ドルの純資産額になっています。

分散投資で低リスク

いくら高配当な安定株でも、予測不能な事態で、株価が暴落するリスクは無くなりません。

SPYDは80銘柄で構成されいるため、分散投資によるリスク低減や、安定的なリターンを期待することができます。

たとえば、自身で80銘柄を購入して、半年ごとにリバランスを行うことも可能かもしれませんが‥

それでは資金や手間、売買手数料がかかり、現実的ではないですよね。

SPYDは4%を超える配当利回りなので、リスクのある個別株よりも、低リスクでハイリターンが狙えると思います。

 

SPYDのリスク

セクターの偏り

以下はSPYDのセクター比率をあらわしたグラフです。

 

引用:State Street HP「SPDR® Portfolio S&P 500® High Dividend ETF」より作成

SPYDのセクター比率は、高配当である「不動産(REIT)」が、常に高い比率を占めています。

SPYDのセクター比率の比較対象として、S&P500の比率を見てみましょう。

 


引用:S&P500HP「Factsheet」より

 

SPYDはS&P500をベースとしているものの、セクター比率はかなり異なりますね。

S&P500には、情報技術やヘルスケアといった、成長性や安定性のあるセクターが上位を占めています。

「高配当であること」が、SPYDの構成銘柄の第一条件となるため、成長性や安定性は二の次になります。

そのためセクター比率に偏りが出たり、業績が懸念される銘柄や、市場評価の低い銘柄も組み込まれています。

セクターに偏りが生じると、分散投資がうまく活かせず、リターンが落ちる可能性もあります。

現に「VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)」という、米国市場に上場する全て企業をほぼ網羅しているETFと、SPYDのトータルリターンを比較してみると‥

 

引用: ETFreplay.com「ETF Charts」より

上記グラフは、過去3年間のSPYDとVTIのトータルリターンです。

直近はコロナショックの影響で、ともに激しく下落していますが、総合的にVTIのほうが明らかに高いですね。

SPYDは高配当であることが最優先されるため、優良銘柄が含まれない事象は否めません。

 

米国株と同様税金がかかる

SPYDは米国ETFとなるため、米国株と同様に配当金に米国分の税金も課せられます。

配当金を受け取る際、現地課税として10%自動で差し引かれ、さらにそこから国内課税として20.315%引かれるのです。

これでは日米で「配当の二重課税」となってしまうので、それを調整すべく「外国税額控除」という制度があります。

外国税額控除は一定額を所得税額から差し引くことができるので、税負担が軽減されます。

ただし外国税額控除の適用を受けるためには、確定申告が必要となります。

多少手間がかかってしまうのが難点です。

また米国ETFはドル建てとなるため、
円貨決済の場合は為替手数料が発生します。

まとめ

SPYDは配当利回りが非常に高く、
それでいて経費率は0.07%と激安です。

80銘柄という高い分散性と、
リバランスで減配リスクも軽減できるでしょう。

米ETFに投資を検討している方は、
選択肢の1つにいれみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。